- - -

SNSでも情報発信中!

おうちで楽しむ演劇
~手影絵パフォーマンス~

劇団かかし座Shadow Play Theatre KAKASHIZA 「Hand Shadows ANIMARE(ハンドシャドウズアニマーレ)」

影絵で表現する様々なストーリーに注目!
海外でも活躍する劇団かかし座Shadow Play Theatre KAKASHIZAは、日本で最初の現代影絵専門の劇団。そのかかし座が、影絵の不思議な性質と魅力で様々な物語をお届けいたします!たくさんの動物たちが登場する物語の他、日本の伝統的な影絵遊びなどもご紹介。おうちでできる影絵のレクチャーもありますので、ご家族みんなでお楽しみいただけるプログラムです。

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

【映像配信日程】
令和2年11月25日(水)14時~令和3年3月15日(月)17時

会場

おうち

Google map

Google map

プログラム内容

『Hand Shadows ANIMARE(ハンドシャドウズアニマーレ)』は、20種類以上の動物たちが登場するダンシング・アニマルズや、H・C・アンデルセンの名作「みにくいアヒルの子」をピアノに合わせて言葉を用いないで演じたり、恋人同士のペンギンたちを描く冒険活劇「ペンタとペン子」、カンツォーネの名曲に乗せたゴリラの愛のストーリーなどたくさんの動物たちが登場いたします。
「歌の時間」では「船頭さん」、「七つの子」などの童謡を歌いながら影絵で演じます。
そして障子を背景に、江戸時代から親しまれている日本の伝統的な影絵遊びもご紹介!
影絵の作り方もご紹介いたしますのでみなさんもおうちでぜひチャレンジしてみてください!

<キャスト>
石井 世紀(いしい せいき)Seiki Ishii (Seiki Ishii)
櫻本 なつみ(さくらもと なつみ)
松本 侑子(まつもと ゆうこ)
梅原 千尋(うめはら ちひろ)

<スタッフ>
構成・演出・影絵監修:後藤 圭
音楽:石川 洋光
舞台美術:齋藤 浩樹
衣装:中矢 恵子
照明:龍前舞台照明研究所
音響:サウンドメソッド
撮影・編集: 櫻井 尚人
制作:飯田 周一

<劇団紹介>
劇団かかし座Shadow Play Theatre KAKASHIZAは、日本で最初に出来た現代影絵の専門劇団。影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、不思議な性質と魅力を持っています。その性質と魅力でもって、「たくさんの人々の心に夢を育みたい」という想いで、創立以来、独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。
現在は、影絵の技術をさらに発展させた新たな舞台作品を始め、出版、テレビ、映像作品などの総合エンターテイメントを発信しています。特に近年は、世界でも稀に見る多彩な手影絵パフォーマンスが絶賛されて注目を浴び、毎年海外で公演を続けています。

鑑賞・参加方法How to watch

お申し込み方法

申し込みは不要です。
YouTube「江戸まちたいとう芸楽祭公式チャンネル」「Edomachi Taito Geiraakusai official channel」にて無料でお楽しみいただけます。

お問い合わせ

お問い合わせ

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局Edomachi Taito Geiraakusai Executive Committee Secretariat
03-5246-1328

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
We are prepared for leaflet,brouchure about outline and banners of Geirakusai.
Please feel free to dawnload the followings.

芸楽祭バナー The banner of Geirakusai

リンクフリーのバナーです。ご自由にご使用ください。 The followings are free banners.Please feel free to use them.

開く 閉じる

過去のイベント