- - -

SNSでも情報発信中!

たけしが認めた若手芸人
リモート版 ビートたけし. Takeshi Kitano杯「お笑い日本一」本選

若手芸人のグランプリを決める「ビートたけしTakeshi Kitano杯 お笑い日本一」を大会初のリモートで開催。本選用に事前収録されたネタ映像を基にビートたけしTakeshi Kitanoさんが独断で優勝者を決定します。今回は漫才・コントに加えピン芸での参加も加わり、ますますパワーアップ!「他のネタ番組やイベントでは審査をしない」というビートたけしTakeshi Kitanoさんの貴重な姿にも注目です。

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

決まり次第、お知らせします。

会場

おうち

Google map

Google map

プログラム内容

ビートたけしTakeshi Kitano杯 お笑い日本一」は、第1回、第2回と、ビートたけしTakeshi Kitanoさんの「その日一番ウケた奴に賞を贈る」という考えのもと、観客も審査に加わって真の若手芸人日本一を開催してきました。しかし今回はコロナ禍の緊急事態のため、リモートで開催いたします。

今回はすべて映像審査となり、本選は事前収録されたネタ映像を基に、ビートたけしTakeshi Kitanoさんが独断で優勝者を決定します。つまり「ビートたけしTakeshi Kitanoさんにウケたかどうか」で優勝者が決まりますので、ある意味とてもシンプルで硬派な大会になるかもしれません。

また、今回は漫才・コントに加えピン芸も加わり、さらにパワーアップしました。リモート審査は純粋にネタの面白さが評価されるので、芸人にとっては益々チャンスが広がります。

そして、ネタ番組の審査やYouTubeなどではお見掛けすることの少ないビートたけしTakeshi Kitanoさん。テレビとは違う顔が見られる貴重な機会となります。
是非この特別な大会をおうちでお楽しみください。

◎審査員
ビートたけしTakeshi Kitano
江戸まち たいとう芸楽祭実行委員会 名誉顧問。

お笑い芸人・映画監督・俳優。1973年に漫才コンビ・ツービートを結成。出演番組は日本テレビ『世界まる見え!テレビ特捜部』、フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』、テレビ朝日『ビートたけしTakeshi KitanoのTVタックル』など。1998年に監督・脚本を務めた映画『HANA-BI』で『第54回ベネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞するほか、他の作品でも国内外の映画祭で数々の賞を受賞。お笑い芸人“ビートたけしTakeshi Kitano”だけでなく、日本を代表とする映画監督“北野武”としても活躍している。

◎本選進出者
決まり次第、当ページにてお知らせいたします。

鑑賞・参加方法How to watch

お申し込み方法

申し込みは不要です。
YouTube「江戸まちたいとう芸楽祭公式チャンネル」「Edomachi Taito Geiraakusai official channel」にて無料でお楽しみいただけます。

お問い合わせ

お問い合わせ

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局Edomachi Taito Geiraakusai Executive Committee Secretariat
03-5246-1328

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
We are prepared for leaflet,brouchure about outline and banners of Geirakusai.
Please feel free to dawnload the followings.

芸楽祭バナー The banner of Geirakusai

リンクフリーのバナーです。ご自由にご使用ください。 The followings are free banners.Please feel free to use them.

開く 閉じる

過去のイベント