江戸まち たいとう芸楽祭

コンセプトCONCEPT

芸能・伝統文化の継承・発展

粋、豊かな人情、進取の気性など、心を感じる生活文化が、台東区の人とまちの活力をつくってきました。この風土の中で、先人たちは芸を磨き、育み、時代をリードして世へ発信してきました。本区は芸能の一大中心地として大衆文化創造の重要な一翼を担い、また、その伝統と格式は今なお色濃く残り、多くの人を惹きつけやみません。

私たちは、歴史の中で培われ、現代へ継承されてきた、本区に根付く芸能や伝統文化を継承し発展させる責務があります。

そのためには、区民や本区に訪れる方々に、これらの文化に触れていただき、その魅力を肌で感じていただくこと、そして、次代を担う新しい才能を発掘し、応援することが大切です。

今後は、本区ならではの芸能や伝統文化を総合的に支援し、地域に根ざした取り組みとして展開し、発信してまいります。

開催概要OUTLINE

名称

江戸まち たいとう芸楽祭

会期

2018年(平成30年)8月4日(土)~
2019年(平成31年)2月16日(土)

会場

○上野地区上野恩賜公園 噴水前 御徒町南口駅前広場 
上野ストアハウス ほか
○谷中地区防災広場「初音の森」ほか
○北部地区山谷堀広場 奥浅草界隈 ほか
○南部地区浅草橋区民館 ほか
○浅草地区浅草公会堂 浅草九劇 木馬亭
雷5656会館ときわホール ほか

主催

江戸まち たいとう芸楽祭実行委員会

名誉顧問

ビートたけしタレント

顧問

松倉 久幸浅草演芸ホール・東洋館 会長

相談役

黒田 収台東区町会連合会会長 
観世 葉子俳優・台東区アートアドバイザー 
井上 麻矢こまつ座 代表取締役社長

委員長

渡邉 寧久演芸評論家

副委員長

荘司 哲夫舞台芸術制作者 
松倉 由幸浅草演芸ホール・東洋館 代表取締役社長

会計監事

宮川 智里

委員

岡田 勇一郎東京青年会議所台東区委員会 委員長 
須田 友次東京青年会議所台東区委員会 会計監事
山辺 健史編集・ライター 
谷村 浩 
原川 久嗣浅草エーラウンド
茅野 雅弘上野観光連盟事務総長
飯島 邦夫浅草観光連盟広報担当理事 
河井 卓治台東区文化産業観光部長

オブザーバー

内田 健一台東区芸術文化財団事務局長

後援

台東区

協賛

朝日信用金庫、鶯谷健診センター、シモジマ、JT、花やしき、ACE、浅草ホテル旅館組合、上野中央通り商店会

名誉顧問 挨拶HONORARY ADVISOR

ビートたけし

若い頃、辿り着いたのがこのまち。なぜか楽屋でタップを踏んでいた。お客さんが二人しかいない演芸場の舞台に立つオイラがいた。いろいろな場所で知らないお客さんが「一杯飲め」とお金のない自分に飲ませてくれた。

小さい頃、兄ちゃんと初めて映画と寄席を観に来たのもこのまちだった。あれから数十年、映画を撮ったり、絵を描いたり、藝大の先生にもなった。

幾重もの生きた芸が交わるまち、このまちがオイラの原点。肩の力を抜いて笑ってほしい、肩を震わせ泣いてほしい…芸楽祭。