SNSでも情報発信中!

- - -

一龍斎 貞水Teisui Ichiryusai出雲 蓉Yo Izumo
「怪談」と「地唄舞Jiutamai」 
心震わす夏の夜

  • 有料
  • 芸能
  • 要事前申込

西浅草・東本願寺本堂の舞台に登場するのは、講談師 一龍斎 貞水Teisui Ichiryusai地唄舞Jiutamaiの名手、 出雲 蓉Yo Izumo
平成14年、講談界で初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、幅広い層に講談の魅力を発信し続けている一龍斎 貞水Teisui Ichiryusai。今回披露するのは「怪談」。演目は当日のお楽しみ。
また、複雑で奥深い内面世界の表現を得意とする「地唄舞Jiutamai」を演じるのは、舞とマイムを融合した「舞夢」を展開し、国内外から注目される出雲 蓉Yo Izumo
豪華な演者に加え、お寺の本堂という舞台を最大限に活かした企画となっており、見逃すことのできない夏の一夜となりそうです。

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

令和Reiwa元年8月24日(土) 18:40開演

会場

東本願寺本堂(台東区西浅草1-5-5)
※会場内にはクーラー等の空調設備がございません。
※会場敷地内での駐車場のご用意はありません。

Google map

Google map

イベント詳細

怪談

◼︎出演者プロフィール

一龍斎 貞水Teisui Ichiryusai(いちりゅうさい ていすい)

昭和30年5代目一龍斎 貞丈Teijou Ichiryusaiに入門。昭和41年真打に昇進し、6代目貞水Teisuiを襲名。昭和50年文化庁芸術祭優秀賞を受賞。平成14年講談界で初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。平成21年旭日小綬章を受章。軍記物、史談などを幅広くこなす一方、「怪談の貞水Teisui」とも言われている。座右の銘は「講談は守るべきものと開拓すべきものがある」。
公式サイト:http://www.yougou.co.jp/teisui/

◼︎講談とは

伝統大衆芸能の話芸。演者は、高座におかれた小さな机「釈台」の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りながら語る。演目は軍記物(太平記、真田軍記など)や政談(大岡裁きなど)、怪談物(四谷怪談、江島屋怪談など)など。

◼︎演目

「講談は会場と共に作り上げるもの」。演目は、当日の会場の顔ぶれ・雰囲気を見て決まります。何が聞けるかは、当日をお楽しみに!

地唄舞Jiutamai

◼︎出演者プロフィール

出雲 蓉Yo Izumo(いずも  よう)

3歳から初代西崎緑Midori Nishizakiに日舞を学び、19歳で地唄舞Jiutamai神崎流宗家Kanzakiryusouke・神埼ひでに入門。昭和59年に日舞界初の文化庁在外研修員としてウィーン国立音大に留学、ヨーロピアンマイムを学び、舞とマイムを融合した「舞夢」を展開する。公演やワークショップ、ミュージカルやオペラの振付けなど、多岐に渡る活動は、国内にとどまらず、海外でも注目されている。文化庁芸術祭賞・芸術祭大賞のほか、平成10年度芸術選奨文部大臣賞、平成26年度松尾芸能賞優秀賞を受賞。
公式サイト:http://www.jiuta-maimu.jp/

◼︎「地唄舞Jiutamai」とは

地唄(京阪の三味線唄音楽)を伴って舞われる日本の伝統舞踊のひとつ。江戸時代、御所や茶屋などの室内空間で生まれたため「座敷舞Zashikimai」とも呼ばれる。扇子を手に、ひとりで舞う形が主で、扇子一本で心理や情景、自然現象までさまざまなものを描出する。優雅な旋回所作を中心に抑制された動きで、繊細な内面世界を表現する。

◼︎演目

古道成寺Kodojyoji
恋する相手に裏切られ、大蛇となって道成寺の鐘の中に逃げた想い人を焼き殺す、安珍Antinと清姫の悲恋と怨念の物語。道成寺縁起や能「道成寺」の語りの部分をもとに舞踊化したもので、旅僧(山伏)と宿の女の悲恋執心譚として描かれる。ウィーンで学んだマイムの経験も活かし、身体の動きだけで、登場人物の演じ分けに挑戦する。恋する女の気持ちの変化に伴って微妙に変容する、帯や羽織の色にも注目してほしい。

お申込み

お申し込み方法

※前売り券の販売は終了いたしました。
≪当日券のご案内≫
 当日券は、会場受付にて8月24日(土) 17時30分より販売を開始いたします。(区民割引の当日券はありません)
【料金】全席自由 2,500円
  (先着30枚限定台東区民割引2,000円・台東区民招待あり)
  ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
【販売開始日】7月12日(金)
【チケットご購入先】※前売り券の販売は終了しました。
 Confetti(カンフェティ) 
 電話購入:0120-240-540
      (10:00-18:00、土曜・日曜・祝日を除く)
 店舗購入:Tickets Today 各店舗
 Web購入:http://confetti-web.com/geirakusai

※会場内にはクーラー等の空調設備がございません。お飲み物をご持参いただくなど、体調管理には十分ご注意ください。

区民割引、
区民招待について

※台東区民割引チケットはご好評につき完売いたしました。

=台東区民割引チケットを先着30枚限定で販売します=
*料金:2,000円
*上記お電話にて、ご希望のチケット枚数(お一人様2枚まで)、住所、氏名、電話番号をお伝えください。お預かりする個人情報につきましては、カンフェティ並びに江戸まちたいとう芸楽祭Edomachi Taito Geirakusai実行委員会にて管理し、チケット販売にかかる目的以外への利用はいたしません。
* 区民割引チケットの販売は、先着30枚までです。売り切れ次第販売終了となります。

=台東区民の方10組20名を抽選でご招待!=
このプログラムでは、台東区民の方を対象に、抽選でチケットをプレゼントする「台東区民招待」を行います。
詳細は『プログラム別チラシ(大人向け)』(芸楽祭Geirakusai関連情報からダウンロードできます)をご覧ください。
【台東区民招待についてのお問合わせ】
江戸まちたいとう芸楽祭Edomachi Taito Geirakusai実行委員会事務局
(台東区役所9階④番文化振興課内)
03-5246-1328(9:00~17:00、土曜・日曜・祝日除く)

お問い合わせ

お問い合わせ

江戸まちたいとう芸楽祭Edomachi Taito Geirakusai実行委員会事務局
(台東区役所9階④番文化振興課内)
03-5246-1328(9:00~17:00、土曜・日曜・祝日除く)

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。

開く 閉じる

過去のイベント