SNSでも情報発信中!

- - -

たけしが認めた若手芸人
ビートたけし杯「お笑い日本一」 本選

日本を代表する多くの芸人を輩出する伝説の演芸場「東洋館」で、若手芸人のグランプリを決める大会が今年も開催! 昨年の演目は漫才だけでしたが、今年はコントも加えパワーアップして帰って来ました。ビートたけしさんの「その日一番ウケた奴に賞を贈る」という考えのもと、観客も審査に加わって真のお笑い日本一を決定します。日本のお笑い界の未来が決まる熱い瞬間を、ぜひ目撃しに来てください。
熱戦の模様は、You Tubeで生中継!こうご期待!!

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

令和2年1月27日(月)午後6時30分開場、7時開演
※6時50分ごろから錦鯉[ソニー・ミュージックアーティスツ]による前説があります。

※出演者、内容、時間等は予告なく変更になる場合があります。予めご了承のほどお願いいたします。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

会場

東洋館(台東区浅草1-43-12)

Google map

Google map

イベント詳細

日本を代表する多くの芸人を輩出する伝説の演芸場「東洋館」で、若手芸人のグランプリを決める大会が今年も開催! 昨年の演目は漫才だけでしたが、今年はコントも加えパワーアップして帰って来ました。ビートたけしさんの「その日一番ウケた奴に賞を贈る」という考えのもと、観客も審査に加わって真のお笑い日本一を決定します。日本のお笑い界の未来が決まる熱い瞬間を、ぜひ目撃しに来てください。

熱戦の模様は、You Tubeで生中継!こうご期待!!

〇ビートたけし

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会 名誉顧問。
お笑い芸人・映画監督・俳優。1973年に漫才コンビ・ツービートを結成。出演番組は日本テレビ『世界まる見え!テレビ特捜部』、フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』、テレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』など。1998年に監督・脚本を務めた映画『HANA-BI』で『第54回ベネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞するほか、他の作品でも国内外の映画祭で数々の賞を受賞。お笑い芸人“ビートたけし”だけでなく、日本を代表とする映画監督“北野武”としても活躍している。

【審査員】

〇高田文夫

放送作家として、『スターどっきり(秘)報告』『オレたちひょうきん族』など数々のヒット番組を生む。また、番組構成だけでなく出演もしたラジオ『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象にもなった。1988年、故・立川談志の落語立川流で立川藤志楼として真打昇進。その翌年から始まった「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」は、現在まで30年続く人気ラジオ番組となっている。近著に『面白い人のことばっかり!ザ・笑売じょうずたち』(小学館)『画文集 芸人とコメディアンと』(二見書房)など著書多数。

〇ナイツ

塙宣之と土屋伸之の漫才コンビ。2001年にコンビを結成し、内海桂子の弟子として活動。BS朝日『お笑い演芸館+』、チバテレビ『ナイツのHIT商品会議室』など多数のテレビ番組に出演。2003年『漫才新人大賞』、2008年『お笑いホープ大賞THE FINAL』大賞、『NHK新人演芸大賞』演芸部門大賞を受賞。『M-1グランプリ』では2008年から3年連続で決勝進出するなどの実力を持つ。週刊実話『ナイツの週刊ヤホーNEWS』の連載も行っている。

 

◎本選進出者

1.おせつときょうた(K-PRO)[漫才協会推薦]

2.オッパショ石(ケイダッシュステージ)

3.ザ・パーフェクト(サンミュージックプロダクション)

4.ザ・マミィ(プロダクション人力舎)

5.バオバブ(プロダクション人力舎)

6.バジトウフー(ワタナベエンターテイメント)[漫才協会推薦]

7.マリオネットブラザーズ(浅井企画)

8.まんじゅう大帝国(タイタン)

(以上、8組[五十音順])

お申込み

お申し込み方法

下記の購入先「Confetti(カンフェティ)」にて、お申し込みを受け付けします。
ご購入後の返金・交換等は一切できかねますので、予めご了承ください。
【料金】全席指定席
  一般:2,500円[1月20日(月)正午から追加販売予定]⇒完売しました。
  台東区民割引:2,000円 ⇒完売しました。
  学生割引:1,500円 ⇒完売しました。
【購入可能枚数】2枚まで
【販売開始日時】12月20日(金)正午から
【購入先】Confetti(カンフェティ)
 電話購入:☎0120-240-540
(土・日曜日・祝休日・年末年始12月28日~1月5日を除く、午前10時~午後6時)
 ※台東区民割引、学生割引は電話受付のみ
 WEB購入:令和元年12月20日(金) 正午より販売開始
【その他】
 ※ チケット代金に加え、別途発券手数料をご負担頂きます。
 ※本公演チケットの営利目的による転売は固くお断りします。営利目的での転売が発覚したチケットは無効とし、入場をお断りいたします。
 ※学生割引チケットをご購入の方は当日学生証をご提示いただきます。

【2次審査チケット販売のお知らせ】(終了しました)
上記の1月27日(月)に東洋館で開催される、『たけしが認めた若手芸人 ビートたけし杯「お笑い日本一」』への進出をかけた、2次審査(実演審査)を12月16日(月)に開催します(ビートたけしさん等上記審査員はお越しになりません)。
日時:令和元年12月16日(月) 12:30 開場
               13:00 開演
               15:30 終演(予定)
会場:浅草リトルシアター(台東区浅草1-41-7)
出演:1次審査(映像審査)を勝ち抜いた30組
料金:1,000円(全席自由席)
申込方法:以下のウェブサイトにてお申し込みを受付します。
 Confetti(カンフェティ) 
 web:Confetti(カンフェティ)のホームページはこちらからどうぞ

区民割引、
区民招待について

◆◆区民割引は完売しました。ありがとうございました。◆◆
=台東区内在住の方へ割引チケットを販売します=
このプログラムでは、台東区民の方を対象に「台東区民割引」チケットを12月20日(金) 正午から販売します。
【料金】
 全席指定席
 台東区民割引 2,000円
【申込・購入方法】
 以下のご購入先にて電話受付します。
 Confetti(カンフェティ) 
 電話:☎0120-240-540
 (土・日曜日・祝休日・年末年始12月28日~1月5日を除く、午前10時~午後6時)
 ※「台東区民割引」購入希望の旨を必ずお申し出ください。(お申出のない場合の返金・交換等の対応はできません)
 ※上記お電話にて、ご希望のチケット枚数(お一人様2枚まで)、住所、氏名、電話番号をお伝えください。お預かりする個人情報につきましては、カンフェティ並びに江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会にて管理し、チケット販売にかかる目的以外への利用はいたしません。
 ※数に限りがあります。売り切れ次第販売終了となります。

お問い合わせ

お問い合わせ

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局
(台東区役所文化振興課内)
03-5246-1328
受付時間 午前9時~午後5時
土・日曜日・祝日・年末年始12/28~1/5を除く

多くのスターを生み出し、江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会名誉顧問であるビートたけしさんが若手時代を過ごした伝説の演芸場、浅草 東洋館で、たけしが認めた若手芸人 ビートたけし杯「お笑い日本一」が行われました。

当日はあいにくの雨の中、明日のスター誕生の瞬間を目撃するために、多くのお客様が東洋館に集まりました。

この日は名誉顧問のビートたけしさんの他、審査員として、高田文夫さん、ナイツ(塙宣之さん・土屋伸之さん)と豪華な顔ぶれ。

そして、そうそうたる審査員たちの前でネタを披露する本選出場芸人は

おせつときょうた(K-PRO)

オッパショ石(ケイダッシュステージ)

ザ・パーフェクト(サンミュージックプロダクション)

ザ・マミィ(プロダクション人力舎)

バオバブ(プロダクション人力舎)

バジトウフー(ワタナベエンターテインメント)

マリオネットブラザーズ(浅井企画)

まんじゅう大帝国(タイタン)

 

の8組。

オープニングから、たけしさんのトークで会場が沸くなか、それぞれが渾身のネタを披露しました。
結果発表までの間には前回大会のグランプリ、マッハスピード豪速球がネタを披露。
前回チャンピオンの実力を見せつけ会場を沸かせていました。

待ちに待った発表の瞬間。
緊張の面持ちで出場芸人たちが自分たちのコンビ名が呼ばれるのを待つ中、
発表された結果はまさかの優勝者・準優勝者共に該当者なし。

思いもよらぬ結果に会場も驚く中、たけしさんの評価は「一番重要なのは、我々は芸人だから客からお金を取って芸を見せる。客が笑えないってことはその価値がない、ってこと。パッていかないといけない。浅草にはいろんな種類のお客さんがいて、若い人も、おじいちゃんもおばあちゃんも、サラリーマンもいて、その様子を見て我々は“さぐり”とかよく言うけど、ネタを変える。今日はみんなこの日のためのネタを客関係なく自分たちであわせてきちゃって、客席を全然意識していない状態が続いていた。」と、自身の経験談を交えながら若手芸人への愛のある激励やお笑いに対する熱い思いを語りました。

また準優勝である“高田文夫賞”と自身の名の付く賞も該当者なしとなったことに対し高田文夫さんは「1位がないことには2位は作れないから準優勝もなし。受賞者はたけしさんが育った浅草の東洋館で、名誉顧問のたけしさんに、ナイツに、選ばれたという目で見られる。これで選ばれた受賞者がつまらなかったらどうなるか、選ぶ以上は責任があるから難しい。だからたけしさんが「(優勝・準優勝)なしでいいんじゃないか」といってくれて助かった。」と話し評価が難しいことを明かしました。

また、ナイツさんも「東洋館でやるということで、みんなすごく練習してきたなという感じはしたけど、飛びぬけているコンビがいなかった。やっぱり全員が拍手して満場一致のコンビがいないと選ぶのは難しい。」とこの大会を評し、それぞれがお笑いへの熱い思いと若手への期待を語りました。

予想外の結果で第2回江戸まちたいとう芸楽祭 ビートたけし杯「お笑い日本一」は幕を下ろしましたが今回出場した若手芸人たちの今後の活躍も期待です。

レポート 江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局

写  真 江戸まちたいとう芸楽祭ボランティア 江頭 幸宏

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
We are prepared for leaflet,brouchure about outline and banners of Geirakusai.
Please feel free to dawnload the followings.

開く 閉じる

過去のイベント