SNSでも情報発信中!

- - -

東京アフロ「アサクサ ゴールドラッシュ!」

演劇「公募公演」

2018年3月の旗揚げ以来、12作品150ステージの公演を実施してきた東京アフロ。台東区今戸にスタジオを構え、浅草とスタジオの間を人力車で送迎するなど、浅草に訪れた人に最大限のエンターテイメントを届けるべく、独自の工夫を凝らしてきました。そんな彼らの今回の演目『アサクサ ゴールドラッシュ!』も、その名の通り浅草にゆかりのあるものだそう。いつもよりファンタジー要素強め、アクションシーンも織り交ぜエンタメ性たっぷりの今回の公演。ぜひ劇場に足を運んでみてください。

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

令和2年2月5日(水)開演午後7時
令和2年2月6日(木)開演午後2時/午後7時
令和2年2月7日(金)開演午後7時
令和2年2月8日(土)開演午後2時/午後7時
令和2年2月9日(日)開演午後1時

会場

浅草九劇(台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部 2階)

Google map

Google map

イベント詳細

  1. (1)劇場までは人力車で送迎、乗った瞬間からエンターテイメント

    東京アフロの大きな特徴は「人力車×演劇」。メンバーのひとり、綱田琢の本業が人力車会社経営であることから、東京アフロの公演の際は浅草駅周辺から劇場までの送迎が恒例となっている。今回の芸楽祭の公演も例に漏れず、浅草駅前から劇場までの道のりを人力車に乗って楽しめる予定だ。料金は通常のチケットよりも1,000円ほど高くなるが、記念撮影付きでこの値段はお得。浅草ならではのエンターテイメントを公演前から楽しもう。1公演4組8名限定。ご希望の方はお早めに東京アフロのHP、または電話にてご連絡を。

  2. (2)浅草を舞台にしたファンタジー 地元の神社にゆかりある人物も登場?

    今回の演目の舞台は、浅草。地元の神社にゆかりのある歴史上の人物も登場予定だ。また、いつもの公演よりもファンタジー要素が強く、アクションシーンも盛り込まれるなど、多くの人に楽しんでもらえるような工夫が劇中いっぱいに散りばめられている。

  3. (3)若いパワーが炸裂!「人が懸命に生きる姿」に心打たれる

    東京アフロの演劇は、素朴でまっすぐな作風が特徴で、だからこそ登場人物が一生懸命に生きる姿が際立ち、演劇に詳しくない人でも楽しめる作品になっている。“台本の中の人生を生きていこう”を合言葉に2年間で積み上げてきたチームワーク、そして脚本演出家KS.LABOさんの作品と向き合い作り上げてきた東京アフロのたくさん笑えて、なんだか熱くて、いつの間にかほんわか感動する世界観がそこにはある。普段は手作りの音響・照明・小道具も、今回はプロの手が入り、豪華なセットの中で公演が実現。2018年3月の旗揚げ以来、12作品150ステージもの公演を行い、来たる2020年2月で2周年を迎える東京アフロの集大成をぜひ観に来てほしい。

プロデューサー・綱田琢からのひとこと
僕が前職の保育士を辞めて、浅草に人力車の会社を立ち上げてから5年になります。保育士になった理由も、人力車の会社を立ち上げた理由も、劇団を旗揚げした理由も、すべては「人を楽しませたい」という想いが根底にありました。人力車、東京アフロ共にここ浅草が本拠地です。他の町ではここまで根を張って頑張ろうとは思わなかったでしょう。浅草という土地に何度も助けられました。人力車が浅草の文化、風景であるように東京アフロも同じようになりたいです。この街のエネルギーに惹かれ片思いをしている我々ですが、いつかこの恋を叶え相思相愛になりたいと思います。

 

東京アフロについて
2018年3月に、座長・砂月夏輝、俳優・プロデューサー 綱田琢、劇作家・KS LABOの3人で旗上げした劇団。台東区今戸に自社スタジオの「スタジオ365」を構え、ほぼ毎月公演を行い、2019年10月現在で12作品150ステージの公演を達成。人力車による送迎や、音響・照明・小道具などの手づくりなど、熱く真摯にエンターテイメント性の高い演劇を探求している。

【参考リンク】
東京アフロ公式サイト:https://www.tokyo-afro.com/

お申込み

お申し込み方法

下記の購入先にて、お申し込みを受け付けします。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

①一般販売
 全席自由
【料金】前売り3,500円 当日3,800円
【販売開始日時】12月10日(火)から
【購入先】080-2189-3567
     tokyoafro3@gmail.com

②台東区民割引(各公演先着10名)
 【料金】全席自由席 3,000円
  ※申込先等の詳細は必ず下記の「区民割引、区民招待について」をご覧ください。

区民割引、
区民招待について

=台東区内在住の方へ割引チケットを販売します=
下記の購入先「Confetti(カンフェティ)」にて、お申し込みを受け付けします(各公演先着10名)。
ご購入後の返金・交換等は一切できかねますので、予めご了承ください。
【料金】全席自由席
    台東区民割引:3,000円
【購入可能枚数】4枚まで
【販売開始日時】12月2日(月)正午から
【購入先】Confetti(カンフェティ)
 電話購入:☎0120-240-540
(土・日曜日・祝休日・年末年始12月28日~1月5日を除く、午前10時~午後6時)
 ※台東区民割引は電話受付のみ

=台東区民の方を抽選でご招待=
 はがき(おひとり様1通のみ有効)に以下の必要事項を記入して、下記の申込先へ郵送してください。
 ※発表はチケットの発送をもって代えさせて頂きます。
【区民招待日】
①2月5日(水)午後7時・2組4名
②2月6日(木)午後2時・1組2名
③2月6日(木)午後7時・1組2名
④2月7日(金)午後7時・1組2名

【申込方法】
はがきに公演名、公演日、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、車いす席利用の場合はその旨を書いてください。1人1枚1公演(※1)まで(記入不備、2枚以上は無効)。
(※1)演劇「公募公演」以外で募集している他のプログラムの台東区民招待と重複しての応募はできません。
【申込先】
 〒110-8615
 台東区役所 文化振興課内
 江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局
【申込締切】
 12月20日(金)(必着)

お問い合わせ

お問い合わせ

【一般販売チケット問合せ先】
東京アフロ
☎080-2189-3567
tokyoafro3@gmail.com

【区民割引、区民招待問合せ先】
江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局
(台東区役所文化振興課内)
03-5246-1328
受付時間 午前9時~午後5時
土・日・祝日・年末年始12/28~1/5を除く

浅草の今戸神社を舞台に繰り広げられる、過去と現代を背負いながら生きる若者たちの葛藤。「アイデンティティ」「愛」「夢」を追い求める。

「誰かを幸せにしたいだけで、150年前も今も*愛*は変わらないんだ!!」

セリフが胸に突き刺さる。この感覚は確か、脚本演出家KS LABOさん 女優名和利志子さんが所属していた、東京キッドブラザーズの舞台を初めて観た、10代の頃と同じ鼓動の高鳴り。よみがえる過去の記憶。あふれる涙。時代を超えて引き継がれていく思い。

「前世の記憶がある者を『当たり』前世のすべての記憶があるものを『大当たり』記憶のない者を『はずれ』」

TEAM東京アフロの若さと情熱、抑えきれない思いを全身全霊で観客に訴えかける。役者も観客も、自分の核となるものを揺さぶられているのを感じた。

初めて生の舞台を観たという女子高生。帰り道、大勢の人が行きかう通りで、大粒の涙を止めることができなかった。いや、止めようとさえしなかった。(ああ、彼女もきっと、言葉にはできない何かを感じたのだろう。)舞台に魅了される若者が、また一人増えた。

ありがとう「アサクサゴールドラッシュ」

 

レポート 江戸まちたいとう芸楽祭ボランティア  ふう

撮影 和田 咲子

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
We are prepared for leaflet,brouchure about outline and banners of Geirakusai.
Please feel free to dawnload the followings.

開く 閉じる

過去のイベント