- - -

SNSでも情報発信中!

演劇連携公演
劇団櫂人Presentsえんちょうまつり
落語『芝浜』『文七元結』+演劇『怪談牡丹燈籠』

近代落語の祖と言われ落語のみならず演劇にも多大な影響を及ぼした三遊亭圓朝。今回は落語と芝居を二部構成でご覧にいれます。人情噺と怪談の傑作の数々をご堪能下さい。しかも今回、出演するのは落語も演劇も女性ばかり! 音楽は、設楽瞬山、藤田佐知子の生演奏でドラマを盛り上げます。さてさてみなさま、江戸まち・たいとう「熟女歌舞伎」のはじまりはじまり~

  • プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要 プログラム概要

    プログラム概要

  • イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート イベントレポート

    イベントレポート

日時・会場

日時

◆プレビュー公演
令和3年10月27日(水) 17:00開演 (演劇『怪談牡丹燈籠』のみ)

◆本公演
令和3年10月28日(木) 13:00開演 落語『芝浜』+演劇『怪談牡丹燈籠』
令和3年10月29日(金) 13:00開演 落語『文七元結』+演劇『怪談牡丹燈籠』
令和3年10月30日(土) 13:00開演 落語『芝浜』+演劇『怪談牡丹燈籠』
令和3年10月31日(日) 13:00開演 落語『文七元結』+演劇『怪談牡丹燈籠』
※10月30日(土)のみ生配信あり。

会場

上野ストアハウス
※自転車・自動車共に駐車場のご用意はありません

Google map

Google map

プログラム内容

■ストーリー(あらすじ)

落語『芝浜』

天秤棒を担いで行商をする魚屋の勝五郎は、早朝浜辺で大金の入った財布を拾う。大酒を飲んで正気を失った翌日、女房は夢でも見たのだろうと大金の話を信じない……。夫婦の情愛を描いた傑作。

落語『文七元結』

腕は立つが博打ばかりで妻や娘に苦労を掛けている左官屋の長兵衛。自分の娘が吉原に身を売ろうとしているのをやめさせるために、再起を誓って借りた金を、川に飛び込もうとしている文七にあげてしまい……。最高のハッピーエンドの人情噺傑作。

演劇『怪談牡丹燈籠』

浪人萩原新三郎に一目惚れしたお露は、死んで幽霊になっても夜な夜な新三郎のもとへ逢引きに訪れていたが、お露の正体を知ってしまった新三郎は魔よけのお札で難を逃れようとする。同じ長屋住まいの伴蔵は、幽霊に魔よけのお札をはがせと迫られるが一計を案じ幽霊から百両の金をだまし取ろうとするのだった。一方、お露の父、旗本・飯島平左衛門は妾のお国に命を狙われていたが、平左衛門の忠義の家来・孝助が主の命を守ろうとして奮闘する。いく筋も絡み合う因果応報の群像劇、圓朝怪談噺の傑作を一挙上演。

■出演者

(落語)桂右團治
(演劇)青木恵/寿美とも子/村川玲子/小池恵子/yoko/下地きく乃/朝方ナツキ/緒方美浮/安藤香子/宮下文子/向後正枝/田中淳子/森田真帆/篠田悦子/菊地伸二
(演奏)設楽瞬山/藤田佐知子

■劇団櫂人について

2011年11月旗揚げ。シニア演劇というアマチュア的な枠に止まらず、より深く演劇を追求し、本質に迫る質の高い舞台を創造したいという高い志の下に劇団を結成しました。劇団櫂人の目指す演劇は、人間の普遍的テーマを扱った古今東西の本格的な戯曲の上演です。シニアと称される年を重ねた団員らのこれまでの職場や社会や家庭での多くの人生経験は、演劇を創造するに必要な分析力・構想力・表現力を豊かに育んでいるものと思います。シニアの特性を十分に生かして、思慮深く知性の香りあふれた感性豊かな演劇を創造していきます。主な作品:『犀』『谷間の女たち』『ブルーストッキングの女たち』『かさぶた式部考』など。
【参考リンク】
劇団櫂人公式サイト:https://www.gekidankaito.com/

※新型コロナウイルス感染対策について
会場では、常時マスクの着用・検温・手指消毒をお願いいたします。マスクの着用がない場合、検温の結果、37.5度以上の発熱(または平熱比1度超)や体調が優れない場合、その他感染が疑われるなどの場合には入場をお断りさせていただきます。また、会場内では人と人との間隔をあけていただき、大きな声での会話をお控えいただくなどの感染防止策にご協力ください。出演者への面会、プレゼントはお断りさせていただきます。
また、この他にもご了承いただきたい事項がございますので、こちらをご覧ください。

鑑賞・参加方法 How to watch

お申し込み方法

下記の購入先「CoRich 舞台芸術!」にて、前売り販売のお申し込みを受け付けします。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

【料金】全席自由席
一般5,000円(プレビュー公演4,000円)
学生2,500円
台東区民招待※詳細は下部をご確認ください。
【販売開始日時】令和3年9月1日(水)10:00~
【購入先(WEB購入)】https://ticket.corich.jp/apply/113915
◆生配信は下記をご覧ください。
配信チケット:3,500円
https://gekidankaito.stores.jp/items/6110e431f604a9434f3a604e

区民招待について

ご応募は、WEBまたははがきで受付します。
締切り:9月30日(木)(必着)
応募者多数の場合は、抽選とし、当選の発表はチケットの発送をもって代えさせて頂きます。
【WEBでの申込み】
申し込みフォーム より申し込んでください。
【ハガキでの申込】
ハガキに公演名、公演日(第3希望まで)、希望人数(2人まで)、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を記入して下記郵送先へ。1人1枚1公演(※)まで(記入不備、2枚以上は無効)。
※もう一つの演劇連携公演の台東区民招待を含め、第3希望までご応募いただけます。
【郵送先】
 〒110-8615
 台東区役所 文化振興課内
 江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局
 「演劇連携公演」区民招待係

お問い合わせ

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会事務局
(台東区役所9階④番文化振興課内)
03-5246-1328(9:00~17:00、土曜・日曜・祝日除く)

coming soon

芸楽祭 関連情報

芸楽祭の概要に関するチラシ・パンフレット(PDF形式)や、バナーを用意しております。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
We are prepared for leaflet,brouchure about outline and banners of Geirakusai.
Please feel free to dawnload the followings.

芸楽祭バナー The banner of Geirakusai

リンクフリーのバナーです。ご自由にご使用ください。 The followings are free banners.Please feel free to use them.

開く 閉じる

過去のイベント

TOPへ戻る